WordPress のマルチサイト機能

WordPress 3.0 で WordPress と WordPress MU が統合され、複数のユーザによるブログ管理や複数のWordPressサイトを運用できるマルチサイト(複数ブログ)対応になりましたが、マルチサイト対応を使用するには WordPress インストール後に追加設定が必要です。
 
 
1. WordPress インストール ※バージョンは WordPress 3.0 です

WordPress をインストールします。→WordPress のインストール
 

 
2. wp-config.php の設定

WordPad などのテキストエディタで wp-config.php を開き
データベースの接続情報に define (‘WP_ALLOW_MULTISITE’, true); を追記します。
 

 
3. wp-config.php のアップロード

前の手順で追記した wp-config.php をFTPでアップロードします。
 

 
4. プラグインを無効化する

左サイドメニューのプラグインを選択し、有効になっているプラグインをすべて無効にします。 ※プラグイン一覧の左上にあるプラグインのチェックボックスにチェックした後、一括操作 → 停止 を選択し、適用ボタンをクリックすると一括でプラグインを無効化できます。
 

5. ネットワークの設定 (1)

wp-config.php アップロード後、左サイドメニューのツール内にネットワークの項目が追加されていますので、サーバのアドレスとネットワークについて必要事項を記入・確認後、下のインストールボタンをクリックします。
※この画像は、サブディレクトリにインストール時のものです。ドメイン直下にインストールした場合は、サブドメインとサブディレクトリの選択が表示されます。
 

 
6. ネットワークの設定 (2)

インストール後、手動で wp-config.php.htaccess に表示されているコードを追記し、FTPで上書きアップロードします。
 

 
7. ネットワークの設定 (3)

あわせて /www/設定したディレクトリ名/wp-content/ の中に blogs.dir ディレクトリを作成します。なお、blogs.dir ディレクトリの作成時、ファイルパーミッションは 777 または 705 に設定します 。 ※レンタルサーバでファイルパーミッションが予め決められている場合があるので、レンタル先のインストールガイド等を参照ください。
 

 
8. 特権管理者メニューの表示

上記の作業を完了すると、左サイドのメニュー欄に 特権管理者 が表示され、サイトやユーザーの追加などができるようになりました。
※ 3.1以降、特権管理者からネットワーク管理者に変更。3.2では画面右上のドロップダウンメニュー内に移動しています。
 

 
9. ネットワークのオプション

ページの一番下にあるネットワーク全体の設定初期設定言語:Japanese と メニュー設定の管理メニューの有効化:オン はここで設定しておくと便利です。
 
 
毎回インストール時に忘れてしまうので簡単に手順を記載しましたが、環境によって異なる場合があるので、もしこちらを参考にされる方は事前に使用するサーバの条件やWordpressインストールガイドをご確認のうえ設定ください。
 
 
→ さくらインターネット WordPressインストールガイド
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>